ワトルズの教え~双極性障害の私が2年半で年収1000万円になった話とこれからの話

双極性障害があり、困窮していた私が100年以上も前に書かれた書籍を読み込み、実践することで経済的にも豊かになり、幸せになった話をときには楽しく、ときには大真面目に書いていきます。

ワトルズの教え 23 ~ 『お金持ちになる科学』より

ワトラーをはじめ、当ブログにお立ち寄り下さった皆さん、こんにちは!

ワトルズの教えの伝道師、金井戸隆(かねいどたかし)です。

 

今回は、『お金持ちになる科学』からお話をさせて頂きます。なお、本文中の訳語や引用は、私の愛読書の『富を「引き寄せる」科学的法則」(角川文庫 山川紘矢+山川亜希子=訳)から抜粋しております。

 

私は、現在の仕事に就くまでかなりの転職をしました。

 

転職というと聞こえはいいのですが、私の転職は、何か目的があった訳ではなく、なんとなく職場が嫌になったのでそこから一刻でも早く離れたいという気持ちで辞めるという、いわば「逃げ」でした。

 

「逃げ」か「卒業か」

転職は人により、様々な理由があるので、大きく二つに分けることに無理があるのは承知していますが、私の個人的な理由から分類すると、「逃げ」の転職、「卒業」の転職に分けられます。

 

冒頭で述べた転職の仕方は「逃げ」でした。

 

何かの目的のために転職したわけでもありませんし、転職しなければならない大きな問題があった訳でもありませんでした。ただ行きたくないという理由で辞めていったのでした。

 

そして、そんな調子で行った転職は新天地での成功や仕事の面白さを生み出すこともなく、また次の青い鳥を追いたくなるという気持ちだけを生み出して、転職を繰り返させました。

 

一方でこんな話がありました。

 

私の所属する会社の社長の話です。

 

社長は、お金を稼ぎたい一心で、歩合が付く営業をしていました。

 

ある時期引越センターの営業をやっていたようですが、お金が欲しいという理由で頑張っていた甲斐もあり、売り上げが全国で2位だったそうです。

 

しかし、その会社の給与体系では、どうしても年収が1000万円を超えれらなかった為、ある時退職希望を出したのだそうです。

 

そうるすとすぐに本社から偉い方が引き留めにこられたそうです。

 

そりゃそうですね。何と言っても全国有数の営業マンの中でもトップ2なのですから、会社としては黙って手放すようなことはしないでしょう。

 

社長は正直に、いくら稼ぎたいかを話し、その会社の給与体系では無理なので転職したいと伝えたそうです。

 

そうするとその偉い方も止める理由がなくなり、逆に頑張れと言ってくださったそうなのです。

 

今勤めている職場で大きくなり、そこに入りきれなくなる。だから、次のステップの為に転職を行う。

 

これが、私にとっての「卒業」という転職です。

 

もちろん、これは私の個人的な分類です。健康のことや家族のこと、職場環境の劣悪さなど様々な理由で転職を余儀なくされるので、上記の2つに分類されないことの方がむしろ多いかと思います(そういう理由は卒業としています)。

 

ただ、もし自身のこれまでの転職が「逃げ」に該当するのではと感じ、お金に恵まれたいがなかなかうまくいかないという方がおられれば、少しお役に立てるお話ができるかもしれせん。

 

そんな人は、私だけかもしれませんが・・・。

 

もちろん、多数派のそうでない方もお読みになって、コメントをお寄せください!

 

ワトルズの教え:23.今いる場所で行動する

ワトルズは、著書の中でお金持ちになるには、思考し(イメージし)、行動することが大切だと言っています。少し長いですが引用します。

 

思考することによって、あなたは山奥に眠る金を自分のもとに引き寄せることが出来ます。しかし、それがひとりでに山から採掘され、精錬され、金貨となって、道をころがって、あなたのポケットの中に入ってくるわけではありません。  

 神の強い意志が働くと、人々がその力に動かされ、誰かが鉱山で金を掘り、また別の人がそれぞれの商取引を行って、あなたのもとに金がもたらされるのです。あなたは自分の仕事をきちんと行って、それを受け取れるようにしなければなりません。あなたの思考が生物も無生物も仕事もすべて創り出します。あなたの望みを満たすためにすべてを創造するのです。しかし、あなたはあなたのなすべきことをきちんと行って、それがあなたのもとに来た時に、しっかりと受け取れるようにしなくてはなりません。あなたはそれを恵んでもらったり、盗んだりしてはなしません。あなたは誰に対しても、受け取る金額以上の使用価値を与えなければならないのです。

 『富を「引き寄せる」科学的法則」(角川文庫 山川紘矢+山川亜希子=訳)

 

つまり、何かを得るには、受け取る以上の対価が必要で、その対価を与えるための行動が必要だといっています。

 

あなたが自分のものを手に入れるためには、相手に彼のものになるものを与えなければなりません。

 あなたの財布にお金がいくらでも入ってくるというわけではありません。あなたの努力なくしては、いつでもお金が十分にあることにはなりません。

 『富を「引き寄せる」科学的法則」(角川文庫 山川紘矢+山川亜希子=訳)

 

 

例えば、お金を稼ぐなら、お金を提供してくれる相手に、その価値以上の代価を提供すべきだと言っているのです。

 

私は、リフォーム会社に所属し、営業をしていますが、その年間の売り上げは、頂いている年収の10倍以上になります。

 

社長から、利益を出してもらっていると評価して頂きましたが、これが年収に対する私が会社に与える対価なのだと思います。

 

そして、お客様に対する対価はというと、依頼されたリフォームのお仕事を提供するだけでなく、お客様のお悩みや困ったに即対応することもそれなのだと思っています。

 

つまり、安心感を提供し、私自身のサービスで、支払った対価以上のサービスを受けたと思ってもらわなければなりません。

 

私なんかができることなど、たかが知れていますが、それでもお客様から、代金以外に別途何かを頂けることがあります。

 

それは、寸志だったり、物だったり、紹介だったり、また追加の仕事だったりしますが、対価と別に頂けるものなので、私は対価以上にご満足して頂いたのだと考え嬉しい気持ちになります。

 

「未来」は「今」

ワトルズは行動するタイミングで「今」をことさら強調します。

 

 あなたに必要な行動が何であれ、あなたは「今」、行動しなければなりません。過去にもどって行動することはできません。ですから心の中のビジョンを明確に保つためには、過去を心の中から追い出すことがとても大切です。また、未来はまだここにありませんから、未来に行動することもできません。将来、何かがあった場合、どのように行動するかは、その事態がやって来るまでわかりません。

『富を「引き寄せる」科学的法則」(角川文庫 山川紘矢+山川亜希子=訳)

 

お金持ちになりたいと思った時に、過去の成功体験や過去の失敗にとらわれてはいけませんし、未来の夢や希望だけでフワフワし、足元が見えなくなってはいけないとワトルズは言っているのではないでしょうか?

 

ワトルズは事業をされている人や雇用されている人に重要なアドバイスを述べていますが、ここでは雇用されている方にむけてのメッセージを引用します。

 

もしあなたが人に雇われていて、欲しいものを手に入れるためには職場を変えなくてはならないと感じているならば、その思いを空中に放って、新しい職場を得ようとしても、おそらく成功しないでしょう。希望する仕事についている自分自身のビジョンを持つ一方で、決意と確信を持って、今、自分のしている仕事を一生懸命にやっていれば、必ず自分の欲する仕事につくことができるでしょう。

 あなたがビジョンと確信を持ち続けることで、神の創造の力が働き、あなたにふさわしい仕事がもたらされるでしょう。そして、あなた自身の行動が自分のまわりの環境を動かし、あなたの行きたい職場と仕事がやってくるでしょう。

 『富を「引き寄せる」科学的法則」(角川文庫 山川紘矢+山川亜希子=訳)

 

転職を繰り返した私でしたが、「ワトルズの教え」に出会ってからは、自分の思いを実現するためには、今いるところで成果を上げるべきなのだと思い、ひたむきに仕事をしました。

 

それにより、年収も会社や周囲からの評価も上がって来ました。

 

そうなると会社での発言権が増し、社長から相談を受けることが増え、自分のやりやすい環境を手に入れやすくなりました。それは予想していないかった変化でした。

 

そして、今私は、いずれ会社から飛び出して、自身でこのワトルズの教えを講演しながら、全国を妻と回ることで、今よりたくさんの自由な時間とお金を得ようと考えています。

 

そのために私は、今与えられている仕事を懸命に行い、このワトルズの教えに関連することも精いっぱいやろうと考えています。

 

それは、現在の仕事も将来の目標もどちらも不可分で、後になって両方ともにそれぞれ関係し合っていたんだなと思える日が必ず来るからと確信しているからです。

 

「未来」は「今」だと思います。

 

今回のまとめ

  1. 今いる場所で行動する。
  2. 対価に勝る価値を相手に提供する。
  3. 今が未来だと心得る。
  4. 現状の仕事をひたむきに行う。

皆さんのコメントをお待ちしております!

 

f:id:kaneido:20210720183753p:plain

kotoshotenさんに依頼したイラスト。今立っている場所で未来と繋がるんですね。

 

宇宙の叡智とワトラーの皆さん、そして最後まで読んで下さったあなたに感謝します!