ワトルズの教え~双極性障害の私が2年半で年収1000万円になった話とこれからの話

双極性障害があり、困窮していた私が100年以上も前に書かれた書籍を読み込み、実践することで経済的にも豊かになり、幸せになった話をときには楽しく、ときには大真面目に書いていきます。

ワトルズの教え 22 ~ 『高潔な人になる科学』より

ワトラーをはじめ、当ブログへお立ち寄り下さった皆さん、こんにちは!

ワトルズの教えの伝道師、金井戸隆(かねいどたかし)です。

 

今回は、『高潔な人になる科学』からお話しをさせて頂きます。なお、本文中の訳語や引用は、私の愛読書の『「思い」と「実現」の法則』(ぎんが文庫堂 佐藤富雄 監訳)から抜粋しています。

 

 私は以前ホテルで仕事をしていた経験があります。

 

新型コロナウィルス流行前の話なので、インバウンドのお客様が毎日凄い人数で泊まられていた時期です。

 

その時、とても残念に感じることがありました。

 

それは、一部の日本人のお客様の態度でした。

 

昔から「お客様は神様です。」と言って、そのように対応するのがサービス業の常識のようになっています。もちろん、それは日本人の接客の良いところです。

 

ただ、それを受ける一部の日本人に、かなり高慢なお客様がおられました。

 

お金を払っているので、こちらが偉いんだと言わんばかりの態度や言動があるのです。

 

とても朝食が人気のホテルだったので、土日祭日は朝食会場が混雑していました。

 

そのため、お客様をお待たせするのですが、イライラされて「早くしろよ!」と怒鳴られるのはほとんど日本人のお客様でした。

 

確かに海外からのお客様は、無知から常識外れなことをすることはありましたが、横柄な態度で接するお客様はほとんどおられなかった印象です。

 

最近の日本は二極化が進んでいると聞きます。経済的に恵まれている人とそうでない人。

 

そのことも確かに問題ですが、それよりも恵まれている人達の姿勢や態度が気になります。

 

経済的に優位になることで、高慢になったり、自尊心が過度に高くなっていく人を私はとても危惧しています。

 

ワトルズの教え:22.些細なことにでも公平で、優しく、思いやりを持った態度で接する

前回、なりたい自分の青写真を描き、それに基づいて行動することでその青写真が現実化すると書きました。

 

なりたい自分になるために行動することは理解できると思います。

 

お金持ちになるのに新しいビジネスを始めたり、音楽アーティストになるために音楽の学校に通ったりする等の行動をすると思います。

 

それに対してワトルズはこう述べています。

 

生まれたときから偉大な俳優、弁護士、音楽家になっていることもありえないでしょう。

 世の中の人は、まだ誰もあなたのことを知りません。だから、あなたに大きな仕事をまかせようとはしません。

 しかし、小さなことをコツコツと、きちんとやりとげることなら、いつからだってはじめることができます。

 『「思い」と「実現」の法則』(ぎんが文庫堂 佐藤富雄 監訳)

 

実は、私はこのくだりを読んだ時に少し疑問を感じました。

 

青写真を現実化する為の大きな行動は分かります。ただ、なぜ小さなことをコツコツとやるべきなのでしょうか?

 

そこが少し理解できませんでした。

 

では、そのきちんとやりとげる小さなこととはなんでしょうか?ワトルズは、こう書いています。

 

ここにすべての秘訣があります。あなたは今日から、家庭でも、職場でも、街角でも、どこにいても、偉大な人間になることができます。あらゆることを立派にやりとげることによって、偉大な人間として知られるようになるのです。

 あなたは自分の偉大な魂の力を、あらゆる行動に注ぎこまなくてはなりません。たとえそれが、どんなに小さく平凡なことであってもです。

 そして、あなたの本当の姿を家族や友人や隣人に見せるのです。

 『「思い」と「実現」の法則』(ぎんが文庫堂 佐藤富雄 監訳)

 

私はこの記事を書くにあたり、ここで筆が止まってしまいました。

 

青写真を現実にするために行動する。そのために小さなことをコツコツやり遂げる。

 

そこまでは、理解できます。

 

しかし、それは偉大な人間として認知してもらうのが目的ではありません。青写真を現実化するためにやるのです。

 

目的が偉大な人物になるためなら、小さいことをやりとげることを必要としない人だっているはずです。

 

ここがつながらず、私はしばらくブログの更新が出来ませんでした。何日も納得できる解答が出てこなかったのです。

 

ワトルズはこの小さいことをこう説明しています。

 

家庭では、公平で、やさしく、思いやりをもちましょう。そうすれば、あなたの家族、妻や夫、子ども、きょうだいは、あなたが偉大な人間であり、気高い魂の持ち主であることに気付くに違いありません。

 人に対しては、つねに公正で、寛大で、親切でいましょう。そうでなければ、偉大な人間にはなれません。これこそがあなたのとるべき態度なのです。

  『「思い」と「実現」の法則』(ぎんが文庫堂 佐藤富雄 監訳)

 

成功者のいろいろ

先日、サッカーのスペインリーグのバルセロナの選手が、Jリーグのチームとの親善試合のために来日した時の過去の動画で炎上するという事件が起きました。

日本人のスタッフ達が部屋のテレビの設定をしている姿を見て、容姿や言葉を揶揄して笑っているというものでした。

 

日本人スタッフ達が分からない言語でバルセロナの選手たちはしゃべっていたので、スタッフ達の気分を害させることはなかったと思われますが、個人的に撮った動画が流出し、炎上したようです。

 

私は、そのニュースを見て、ハッとしました。

 

ここにワトルズの言いたかったことがあると思いました。

 

このサッカー選手達は、いわば成功者です。

 

バルセロナといえば、世界でも1位、2位を争う名門のサッカーチームです。そこに在籍するのですから、彼らはエリート中のエリートです。

 

でも、そんな彼らは、謝罪に追い込まれてしまいました。

 

私は、彼らのやった行為にアジア人に対する差別を感じたりはしなかったのですが、サッカーを極めた人としての敬意はもてませんでした。

 

何だか、ホテルスタッフを笑っている姿が無様に映ったからです。

 

そして思ったのが、彼らは今、現役で成功者として脚光を浴びているが、年をとり現役を退いた時に、彼らが今のような輝きを放ち、リスペクトされているかどうかは分からないということでした。

 

同じスポーツ選手で、現在ソフトバンク球団取締役会長の王貞治さんがいます。

 

王さんは言わずと知れた世界のホームラン王ですが、今でも野球に携わり、周囲からも尊敬を集めておられます。

 

私は王さんに直接お会いしたことはありませんが、仕事の関係で王さんを良く知る方と話したことがあります。

 

その方は、当時ソフトバンクの監督だった王さんの人柄をとても褒めておられました。

 

確かに王さんの評価は、その方に限らず、伝え聞く話によると、とても尊敬されるお人柄のようなのです。

 

実際、現役選手や監督を退いてもなお、チームに必要とされていることからも容易に想像がつきます。

 

私は先述のサッカー選手のことは詳しくはしりません。実際は気さくでいい人なのかもしれません。

 

ただ、王さんが同じシチュエーションだったら、あんなことは冗談でも言わなかったのではないかと思うのです。

 

真の成功とは

自身の描いた青写真通りに目標を達成した、いわゆる「成功した」人の中で、月日が経った後に晩節を汚してしまうような人を私たちはニュースなどでよく見かけます。

 

金銭的な問題を起こしたり、家族から見放されたり、事件を起こしたり。

 

そして、それとは反対に、相変わらずオーラを放ち続け、周囲から羨望と尊敬を集めたままの元成功者たちもいます。

 

実はその差こそがワトルズの言わんとするところではなかったのかと思うのです。

 

自身が思い描く青写真を現実化するのには、たったひとりでは出来ません。

 

これまで沢山の人が気付いてきた環境や、それを支えている人など、自身ではどうすることできない要素で成り立っている部分もあるはずです。

 

つまり成功など運がよかったに過ぎないと思うのです。

 

もちろん本人の努力なくして成功はありえないでしょう。

 

ただ、その努力が実る環境にいることや成功を成功たらしめる状況に恵まれなければ、自身の成功は存在しえません。

 

例えば、日本で思い通りに金持ちになったとして、それが本人の努力によるものだったとしても、そもそも日本で生まれたことやその日本が資本主義で社会が安定しているという要素がなければ、金持ちにはならなかったはずです。

 

だからこそ、成功者は、謙虚になり、周囲に感謝し、親切で、誠実で、公平でなければならないとワトルズは言っているのです。

 

真の成功者とはそういう人を指すのだと私は思います。

 

今回のまとめ

  1. 成功は自分ひとりのおかげだと思わない。
  2. 謙虚になり、周囲に感謝する。
  3. 誠実で公平な態度で生きる。
  4. 家族にも他人にも親切であること。

これらは一般的な道徳のように聞こえますが、成功した人は必ず守るべき義務として捉えると晩節を汚すことはないのかもしれませんね。

 

皆さんのコメントお寄せください!

 

f:id:kaneido:20210717220304p:plain

kotoshotenさんに依頼した挿絵。どのカードも大切にすべきものです。

 

宇宙の叡智とワトラーの皆さん、そして最後まで読んで下さったあなたに感謝します!