ワトルズの教え~双極性障害の私が2年半で年収1000万円になった話とこれからの話

双極性障害があり、困窮していた私が100年以上も前に書かれた書籍を読み込み、実践することで経済的にも豊かになり、幸せになった話をときには楽しく、ときには大真面目に書いていきます。

ワトルズの教えの実践メニュー 1 ~ Armchair Travelのススメ

ワトラーをはじめ、当ブログにお立ち寄り下さった皆さん、こんにちは!金井戸隆(かねいどたかし)です。

 

今回は、また新たなシリーズになります。

 

「ワトルズの教えの実践メニュー」シリーズと銘打って、実際に私がワトルズの教えを実践するためにやっていることを書きたいと思います。

 

ウォレス・ワトルズが書いた書籍には、とても実践的なことを書いていますが、詳細なことが明記されていないので、最初の頃は、とても戸惑いました。

 

例えば、「思いをイメージしなさい」と書かれているのですが、意外とそれが難しいんですよね。

 

行ったことがないところに旅行に行きたいと思った場合、想像力が乏しい私には、それをイメージすることが、とても困難でした。

 

そんな時に知ったのが、Armchair Travelという言葉でした。

 

Armchair Travelとは?

Armchair Travelという言葉は、ちゃんと英和辞典にも載っている言葉で、「机上旅行」と書かれています。つまり、家にいながら、旅行のガイド本や時刻表などを見て旅行気分にひたるということです。

 

最初にこの言葉を知った時、これならできるかもと思いました。

 

そこで、手始めにやったのが、その年に行くように手配していた旅行のイメージをやってみました。

 

なんせ、このコロナ禍、遠方には出かけられません。これまで行った県内の宿泊施設に行くことを決めていました。

 

しかも、旅行は、これまで苦労をかけた妻への贖罪ですから、言ったことがあるところでもリサーチをして、遊ぶところや食事をするところは目新しいものをチョイスしています。

 

私は、よく入浴しながら、イメージしました。Armchair Travelをする場所は気にする必要はありません。

 

逆に、構えて、瞑想をしたり、静かな場所や時間を確保してしようとすると長続きできません。

 

何か単純作業をしながらでもいいんです。気軽にやりましょう。

 

車で話しているところ、遊んでいる様子、美味しい食事をしながら談笑している姿などを、さも今やっているかのように想像します。

 

私は自他共に認める「晴れ男」なのですが、もしかすると、Armchair Travelの際は、いつも天気の情景でイメージするので晴れることが多いのかもしれませんね。

 

こういうイメージすることに慣れていくと、今度は行ったことがない所でも容易にイメージできるようになります。

 

例えば、ガイド本でいずれ行きたいリゾート地のイメージをするとします。

 

写真の海岸沿いにあるカフェがとてもいい雰囲気です。私は青空の下、白いテーブルの前で、海から吹いてくる気持ちのいい風を受けながら、機嫌のよい妻とお茶をしている姿を想像します。

 

そんな想像をしていると何だか気持ちがワクワクします。

 

実際、こんなイメージをし始めてすぐに、行きつけのイタリア料理の顔見知りのお店の方に声をかけられました。

 

お店の方は、ホールを担当している人なのですが、実はフィリピンと日本のハーフの方だったことが判明し、その話の流れから、その方の出身地から少し行ったところにあるハンドレッド・アイランドに一緒に行こうという話になりました。

 

すぐには実現しておりませんが、コストも大してかからないとのこと。コロナが落ち着けば、私、妻、そして次男とその方の4人で行くことになっています。

 

これもArmchair Travelの効用だと思っています。

 

Armchair Travelの発展型

私の勤めている会社ではありがたいことに、営業マンのモチベーションを上げるために、キャンペーンを打ってくれます。

 

この商品を売ったら、これだけの現金支給だとか、チームで1位だったら、賞金いくらだとかいうものなのですが、これが月末に現金支給され、とても高額になるのです。

 

そこで、いつもやっているイメージなのですが、月末の終礼後に、報奨金が入っている水色の封筒を受け取っている姿を想像します。

 

その受け取った封筒の重みや厚さを感じているイメージをします。

 

そして、社長やチームのメンバーに、「あざっす!」などと言いながら、うれうれとした気分でいる自分になりきってみます。

 

実は、私、年収に占める報奨金の割合が他の人よりも多いのです。これもArmchair Travelのおかげかもしれませんね。

 

Armchair Travelを実践する時の注意点

このようにして、Armchair Travelは、旅行だけでなく、なりたい自分のイメージをすることも含んでいます。

 

お金持ちになりたいときは、漠然と「お金持ちになりたい」と考えるのではなく、どんなお金を、いくらぐらい、どういう風にして手に入れているのかをイメージすることが大切になります。

 

そして、その時の感情になることも重要です。ドキドキしたり、ワクワクしたりする感情をイメージしながらもつことが大切なんです。

 

ですから、イメージというのは、自分を俯瞰しているイメージと自分が今感じているというイメージの両方が必要になります。

 

そう考えると、どういう場面を切り取ってイメージするかというのが、コツになります。

 

それからもう一つ。

 

「こうなりたい」「ああしたい」という言葉なのですが、言葉だけではいけません。

 

私も目標をもう既に叶ったように、毎日紙に書いていますが、なりたい自分を口にするアファメーションも大切です。

 

いろいろ考えて出した目標も、ややもすると日々の忙しさに忘れてしまいがちです。

 

ワトルズも著作の中で、何かを願う時は、その時だけ思って、あとは全部忘れているようでは意味がないと言っています、

 

ですから、毎日アファメーションを唱えることは意味があります。

 

ただ、その際にしっかりとしたイメージを五感ですることを忘れてはいけません。

 

Armchair Travelの背景となるもの

なりたい自分になるために、Armchair Travelは、とても有効なのですが、だからといって、これだけでは足りません。

 

Armchair Travelが具体的にできるための、目標の設定や、イメージしやすくするための小さな成功事例が必要になります。

 

そして、何よりも大切なことは、行動です。

 

行動なくして、実現はありません。空想だけでは、思いは成就しません。

 

どう行動するかの行動計画を立て、それをきちんと実行することで、Armchair Travelで現実のようにイメージができ、必ず実現するという自信が生まれるのです。

 

あなたなら、きっとなりたい自分になれます!

 

今回は、ここまでです。是非コメントをお寄せ下さいませ。

 

f:id:kaneido:20210610105611p:plain

kotoshotenさんに依頼した挿絵。月夜の飛行機、いいですね。早く、またみんなが何も気にせず海外を行き来できるようになったらいいですね。

 

宇宙の叡智とワトラーの皆さん、そして最後まで読んで下さったあなたに感謝します!