ワトルズの教え~「引き寄せの法則」の原点

100年前の「引き寄せの法則」の原点となる教えを実践することで、思い通りの人生を歩んでいます。それが「ワトルズの教え」です。その教えをたくさんの人に知ってもらうために実践したこと等を書いていきます!このブログで誰かの人生が良くなれば幸いです。

お金持ちになるための決意と確信

こんにちは!「ワトルズの教え」の伝道師、金井戸隆(かねいどたかし)です。

 

今回は、ウォレス・ワトルズがいうお金持ちになるための決意と確信について書きたいと思います。

 

私は、フリーランスでこの「ワトルズの教え」を普及する活動をする傍ら、おうちのリフォーム営業をやっています。

 

1軒1軒地図を頼りに戸建てのおうちを回って、リフォームの仕事を獲得してくる仕事です。いわゆる飛び込み営業です。

 

 

飛び込み営業は、20代から業種を転々としながら、もう25年以上やっています。

 

この飛び込み営業ですが、契約をもらえないとその日の売り上げは全くありません。ですので、大昔に我らの祖先がやっていた狩猟活動と似ています。

 

獲物が獲れなければ、生きていけないように、飛び込み営業の仕事もお客様を獲得できなければ、おまんまの食い上げとなります。

 

狩猟のように飛び込み営業は、運や偶然に左右されることが多いせいか、飛び込み営業をする人は、妙に信心深かったり、スピリチュアル的なことを言う人が多いです。数珠つなぎのパワーストーンを何本も腕にしてたりとかですね。

 

そこで、最近、ウォレス・ワトルズの書籍を読んでいて思ったことがあるんですね。

 

それは、営業マンの成果は、スキルや経験よりも、何か別のものに影響されていたのではないかと。

 

飛び込み営業を販売手法とする商品は高額のモノが多く、その営業マンの給料も販売した数による歩合額の多さで増減することが多いんです。

 

つまり、たくさん売れば、お金が入り、あまり売れなければお金が入らないということになります。

 

私は、昨年まで同じようにおうちのリフォームをする会社に所属していました。

 

そこでは6年勤めていたのですが、おかげさまで年収1000万円以上を継続してもらっていました。

 

そのため、自分の営業以外にも新人や後輩社員の教育も任されていました。

 

そんな教育業務で壁にぶつかることがありました。

 

それは、営業マンの頑張りと成果が正比例しないことでした。

 

凄くまじめで頑張っている営業マンがあまり成果を出せず、ほどほどサボっているような営業マンがそこそこの数字を残していたんです。

 

私は、なんとか頑張っている営業マンを助けようと、自分のもっているノウハウは、出し惜しみすることなく教えましたし、自分の教え方がいけないと思った時には、コーチングなんかも勉強しました。

 

でも、スキルを教えれば教えるほど、営業マンは頭が固くなり、その人の持つ魅力が半減していくような気がしました。

 

 

今思うと、私は私のやっている全部を教えていなかったと思うのです。

 

飛び込み営業の仕事はスキルはもちろんですが、根本的に回る件数に左右されます。確率の法則があるので、それは間違いありません。

 

でも今思うと、私はまわりながら、必ずお客様が獲得できると強く信じていました。実はそれが、何よりも大切だったのだと思うのです。

 

例えば、午前中に営業に回っている時は、午後にアポイントを入れて、契約をもらっているだろうというイメージがあり、必ずそうしようという強い思いもありました。

 

そして、実際そうなることが多かったんですね。

 

そして、その背景には、年収いくらという目標があって、そのために細分化された毎月、毎週、毎日の目標があって、私は毎日それを意識し、そうなることをイメージしていたんですね。

 

そうしていたのは、「ワトルズの教え」の中に、なりたい自分や欲しいものを常にイメージしなさいとあったからなんです。素直にそれを信じて愚直に実行していたんです。

 

でも、私はそれを社員教育をする際には、話していなかったんです。

 

それは、そういうスピリチュアル的なことをしていると伝えるのが恥ずかしかったからです。怪しいと思われるに違いないと思っていたからです。

 

ウォレス・ワトルズは、その著書の中で、お金持ちになるには、そうなっている姿をイメージして、「大いなる力」(宇宙の叡智、神、大霊)に送りなさいと言っています。

 

やっていたことの詳細は、のちのちブログに書いていきますが、私はそれを信じていろいろなことをやっていました。

 

でも、それって人に伝えると「この人ヤバイ人だ」と思われかねません。

 

だから私は、社員に教えるときは、見かけのテクニックばかりを教えて、本当に重要なことを教えていなかったんだと思います。

 

ワトルズは、イメージした自分になるという決意と確信が必要だと言います。

 

とてもシンプルな言葉なので、見逃しがちですが、この決意と確信が本当に大事なんです。

 

「年収1000万円になりたい」と漠然と思っていても、それは大いなる意思に伝わりません。多分、年収1000万円を希望する大半の人がそんな感じじゃないでしょうか。

 

でも大事なのは、本気度なんです。

 

本気で年収1000万円を稼ぐと決意し、それができる行動を積み重ねながら、年収1000万円をもらうことに確信が持てなければならないんです。

 

この思いに対する決意と確信を真に持つことが難しく、かつ重要なんですね。

 

これから、このブログで、どうやって思いに対する決意と確信を得ていくかを書いていきますので、どうぞ私を怪しい奴と思わず、読んでいってくださいませ。

 

お金持ちになり、思い通りに生きることができる幸せな人が増えますように!

 

 

 

 

 

 

お金のマインドセット

こんにちは!「ワトルズの教え」の伝道師、金井戸隆(かねいどたかし)です。

 

今回は、お金のマインドセットについて、書きたいと思います。

 

そもそも、マインドセットとは、何かということですが、マインドセットとは物の見方、固定的な考え方を意味します。

 

ですから、お金のマインドセットとはお金に対する見方・考え方ということです。

 

どうでしょう?皆さんはお金に対し、どういう考え方をお持ちですか?

 

私の母は生前ですが、お金はあまりたくさん持たない方がいいと言っていましたね。「お金がたくさんあるとろくなことがない。」みたいな。

 

幼いながら、そんなことを聞いては、「お金はあればあるほどいいじゃん。」と思っていました。

 

実はお金にはこんなネガティブなイメージを持つ方も少なくないように感じます。

 

ウォレス・ワトルズもその著書の中で、貧困を清貧だと考えるのは間違いだと述べています。

 

なぜならば、現在の貨幣経済においては、お金を持つことが物質的にも精神的にも恵まれる要素になるからです。

 

例えば、肉体的なことを言うと、飢えていれば幸福とは言えませんよね。そもそも食べなければ生きていけませんし、生命活動を維持できません。

 

病気になったり、けがをすれば病院にかからなければなりませんし、衛生上好ましくない環境は改善しなければなりません。

 

また知的能力を伸ばすには、学校に行ったり、本を読んだりしなければなりません。

 

心を満たすには、美しいものや感動する体験が必要です。

 

それらすべての活動にはお金が必要です。

 

私たちの幸福のためにはお金が少なからず必要になるということです。

 

お金があると大体のことはできますし、手にも入りますからね。

 

私が20年間年収300万円未満だったのが、6年前から年収1000万円に変わったことは、「はじめに」で書いた通りなのですが、年収が上がって何が一番嬉しかったかというと、それは自分以外の誰かに何かをしてあげられるということでした。

 

w-wattles.com

 

お金がないときは自分のことで精一杯で、まわりの人に何かをしてあげるということができませんでした。

 

それが、お金に余裕が出てくると自分だけでなく、まわりの人にも良くすることができるようになりました。

 

具体的に言うとちょっとしたプレゼントができたり、食事に誘ってあげられたり、旅行に招待したりができるようになりました。

 

そして、気づいたのが、お金は自分に使うより、誰か自分以外の人の為に使う方が満足度が高いということでした。

 

ウォレス・ワトルズも愛のもっとも自然で自発的な表現のしかたは、「与えること」だと言っています。

 

また、お金のマインドセットをポジティブにする方法として、口ぐせを変えるという方法をおすすめします。

 

私がフリーランスになる直近まで勤めていた会社の社長ですが、この方はいつも「私はお金が大好きです。」と言っていました。

 

最初にこれを聞いた時は、ギャグで言っているのかと思っていたのですが、どうもそうではないようで、社長は大真面目にこの言葉を繰り返し口にしていました。

 

私は正直びっくりしました。こんなことを口にしていいのかと。

 

どちらかというと、当時は私も「お金のことを口にすることは、はしたない」というマインドが刷り込まれていたのかもしれません。

 

それから私は、毎日「お金が大好き」という言葉を発しました。

 

するとまわりからも、「お金大好き金井戸さん」という風に印象を持たれるようになってきたのですが、それと時を同じくしてお金がどんどん入ってくるようになりました。

 

当然その頃には、お金に対してネガティブな考え方はありませんでした。

 

この「お金が大好き」「お金があることは素晴らしい」といった口ぐせは、お金を否定的に捉えるマインドの人には、最初は抵抗があるかもしれません。

 

でもずっと口にしていると、抵抗がなくなり、いつしかお金を肯定的に捉えるマインドが生まれます。

 

さて、今回はお金のマインドセットについて語らせて頂きました。

 

もし、お金に否定的な考えがある人は、紙にお金があることのメリット、デメリットを書いてみて下さい。きっとメリットの方が多くなるはずです。

 

そして、記事にあげたように、お金に対するポジティブな口ぐせを心がけ、ウォレス・ワトルズの書籍を毎日繰り返し読んでみて下さい。

 

きっとお金に対するマインドが変化し、お金が引き寄ってくる体質になるはずです!

 

このブログを読んでいるすべての人がお金に恵まれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワトルズの教え」とは

こんにちは!「ワトルズの教え」の伝道師、金井戸隆(かねいどたかし)です。

 

今回は、「ワトルズの教え」とは何かについて書きたいと思います。

 

このワトルズとは人名で、ウォレス・ワトルズという人物の名前です。

 

ウォレス・ワトルズ

ウォレス・ワトルズは、1860年生まれのアメリカ人です。

 

彼は51歳の若さで、1911年に亡くなるまで、ニューソートの思想家として数々の著作を残しています。

 

ニューソートとは、キリスト教の異端的な思想で、戒律の厳しい伝統的なキリスト教の教えに対し、現生利益や世俗的なことを肯定した考え方をもつものです。

 

潜在意識が願望を叶えてくれると唱える、「マーフィーの法則」でおなじみのジョセフ・マーフィーニューソートの思想家です。

 

ニューソートの思想にはおおよそ次のような思想背景があります。

①人間と神の意志はつながっている。

②神は人間が豊かに生きることを望んでいる。

③神の存在、願望が実現されることは科学的に説明できる。

 

上記のような傾向があることから、ニューソートは成功のノウハウとして自己啓発に取り入れられたりしています。

 

ただ、ウォレス・ワトルズは、彼のことを書いた資料が少ないこともあり、あまり知られていませんでした。

 

ワトルズの名前が知られるようになったのは、「引き寄せの法則」で知られている『ザ・シークレット』の著者、ロンダ・バーンが影響を受けた書籍として、ワトルズの著作本を上げたことがきっかけでした。

 

私もこの頃から出版されたワトルズの著作で、ウォレス・ワトルズを知ることになりました。

 

ウォレス・ワトルズの著作で、日本語に翻訳されているのは、2種類の著作のみです。

1.『The Science of Being Great』

 ①『「思い」と「実現」の法則』(イースト・プレス

2.『The Science of Getting Rich』

 ①『富を手にする「ただひとつ」の法則』(フォレスト出版

 ②『確実に金持ちになる「引き寄せの法則」』(三笠出版

 ③『富を「引き寄せる」科学的法則』(角川文庫)

 

上記の翻訳本は、現在書店で購入可能なものをピックアップしました。

 

前回「はじめに」で書いているように、お金を必要としていた私は、一番初めに『確実に金持ちになる「引き寄せの法則」』(三笠出版)を読んで、ウォレス・ワトルズを知りました。

 

それからリフォームの飛び込み営業でセールスをやっている時は、『富を「引き寄せる」科学的法則』(角川文庫)を毎日1章づつ読んで、そこに書いていることを必死で実践しました。

 

そこで年収が大幅に上がったことは、前回書いた通りです。

 

現在は、noteにて、『富を手にする「ただひとつ」の法則』(フォレスト出版)に沿って、1章1章「ワトルズの教え」を解説する記事をスタートさせています。

 

このウォレス・ワトルズのお金や人間性の発展につながる思想やノウハウを「ワトルズの教え」と呼んでいるのです。

 

これから、このブログでは、この「ワトルズの教え」で私が実践したことやその教えをフィルターにして世の中を見た時の考えなどを楽しく書いていきます。

 

 

このブログを通じて、「ワトルズの教え」が広まり、知って下さった方のお金や成功に関するマインドセットが良い方向へ変化することを心から望んでやみません。

はじめに

こんにちは!「ワトルズの教え」の伝道師、金井戸隆(かねいどたかし)と申します。

 

これから、私が日々経験したことや感じたことをブログに書いていこうと思っているのですが、ただの日常を描くのではなく、私が日々意識し実践している「ワトルズの教え」から見た視点で書いていきたいと思っています。

 

では、この『「ワトルズの教え」とは、なんぞや?』ということですが、詳しい内容は次回の記事で述べたいと思っています。

 

まずは、簡単な自己紹介をさせて下さい。

 

私は福岡県福岡市に住む、金井戸隆と申します。年は今年で54歳になります。

 

私は昨年12月まで、住宅リフォームの会社に勤務しており、営業をやっておりました。

 

営業の実績はと申しますと在籍していた6年間で、飛び込み営業で700件の新規顧客を開拓しました。

 

それにより、会社からはトップ営業マンと評価して頂き、年収も入社1年半で800万円に、2年半で1000万円を越すようになりました。

 

ここまで聞くと私がさも優秀な営業マンのように感じられるかもしれません。

 

でも、さにあらず。私は20年間年収300万円以下のダメダメ人間、ダメダメ営業マンでした・・・。

 

4年前に分かったことですが、私は双極性障害という情緒障害を患っており、そのためか、大学を卒業してからというもの、20年間は毎月欠勤をしては転職を繰り返していました。

 

そのため、年収は300万円をずっと下回ったままでした。

 

もともと文系で手に職というものがなかったので、大した営業力もないのに高歩合を謳う訪問販売の営業ばかりを求め、転職を繰り返していました。

 

ですので、私の家族は20年間、経済的にも精神的にも幸せとはほど遠い生活をしていました。

 

転機が訪れたのは、前出のリフォーム会社に入社した時でした。

 

私は、ある1冊の本と出会います。それが、ウォレス・ワトルズという人物が100年以上も前に書いた書籍でした。

 

私は、その富が手に入るコツを書いているであろう書籍を藁にもすがるような思いで必死に何度も読みました。そして、実直にそこに書かれていることを実践しました。

 

そして、これまで得ることのなかったような年収を手にできるようになったのは冒頭に書いた通りです。

 

私の生活はこれで一変しました。

 

ある程度なら金額を気にせず買い物が出来るようになり、家族を旅行に連れて行ってあげたり、行きたかったお店で食事をすることもできるようになりました。

 

そして、そんな幸福な日々を過ごすうちにふと思ったのです。「この教えを知っている人は少ないのではないか」と。

 

実際、「ワトルズの教え」を知っている人は、私の周りにはいませんでした。

 

そこで私は、自身を幸せにしてくれた、この「ワトルズの教え」をもっとたくさんの人に知らしめることが私の義務ではないかと思うようになったのです。

 

ただ、この「ワトルズの教え」は100年以上も前にアメリカで書かれた書籍である上に、キリスト教が背景にあるので、少しとっつき難い所がありました。

 

内容も自己啓発的なものでありながら、スピリチュアル的な要素もあるので、素晴らしい内容にも関わらず、人によっては毛嫌いされることも予想されました。

 

ちなみに私は神社に、毎月1日と15日には参拝に行くような信心深いところもありますが、幽霊や天使や悪魔などスピリチュアル的なものは全く信じていません。

 

ですが、「ワトルズの教え」の中には非科学的な記述や「神」といった表現を使われることがあることから、私は、敢えて「スピリチュアル的自己啓発」という造語を考え、それをサブタイトルに使うことにしました。

 

非科学的なことは信じない私が、そんなスピリチュアル的自己啓発を信じ、実践することで思い通りの人生と幸せな人生を得ることができたのです。

 

どうか、読者の皆様、偏見を捨てて、近所の神社にお参りに行くような気分で、このブログをお読み下さい。

 

読んで下さった方が少しでも幸福に恵まれたなら幸いです。